流したものは?

トイレのつまりは、トイレに本来流すべき物質を流していないときやトイレが処理できる限度を超えて物質を流しているときにはトイレ詰まりの原因になります。トイレが詰まってしまったときには、トイレに何を流したか思い出してみましょう。本来トイレで利用できない異物を流した可能性が高いです。

業者に依頼トイレに異物を流した時の状況を思い出しましょう。本来トイレに流しても良いもので普段通り使用していればトイレが詰まる可能性は低いでしょう。反対に普段通り使用していない状況であればトイレが詰まる可能性が非常に高いです。

トイレつまりでは、誰が流したか犯人探しをするよりは何を流したか特定することが大切です。家族が間違って流してしまった異物を確認することが必要です。どのようなものを流したか理解していれば業者に依頼するときでもスムーズに工事が進むでしょう。流した異物によっては、無理に続けて水を流すことでさらに状況を悪化させてしまうことがあります。本来トイレに流せる物質であれば、1度に流せるよう間違えない限りスムーズに利用できるはずです。それが利用できないときには、流せない物質をトイレに流したことになります。簡単に確認できない状況の場合には、直ちに業者に依頼をしましょう。