原因を解明する

普段使っているトイレが急に使用できないトイレつまりのときには、原因が必ずあります。異物を流している場合やそれ以外の原因があります。

異物などを流した覚えがないときには、通常の使用をしていてトイレつまり起こしたことになります。この状況のときにはトイレの便器以外が問題になります。排水管が詰まることや水道管が詰まることで上手に水を流せないことがあります。

トイレットペーパートイレに流すものではトイレットペーパーを普段利用します。しかし、トイレットペーパーがなくて他の紙で代用するときには注意をしましょう。ティッシュペーパーを利用するときでも水に流せないティッシュペーパーがあります。異物になるのでトイレつまりの原因となります。

ティッシュペーパーは、わりと丈夫な紙質でできているので、トイレットペーパーよりも紙の質が良いため簡単に水に溶けないです。そのためトイレットペーパーの代わりに異物となるティッシュペーパーを利用することは避けましょう。トイレつまりの原因となってしまいます。

トイレとペーパーの内容以外でもトイレの清掃をしているときに洗剤のキャップを誤って流すことがあります。これもトイレ詰まりの原因となります。その他にも寒い冬の時に使い捨てカイロ、小さい子供がおもちゃを持ち込むなど異物を流してしまう可能性が非常に高いです。トイレが詰まった原因は必ず突き止めましょう。

流したものは?

トイレのつまりは、トイレに本来流すべき物質を流していないときやトイレが処理できる限度を超えて物質を流しているときにはトイレ詰まりの原因になります。トイレが詰まってしまったときには、トイレに何を流したか思い出してみましょう。本来トイレで利用できない異物を流した可能性が高いです。

業者に依頼トイレに異物を流した時の状況を思い出しましょう。本来トイレに流しても良いもので普段通り使用していればトイレが詰まる可能性は低いでしょう。反対に普段通り使用していない状況であればトイレが詰まる可能性が非常に高いです。

トイレつまりでは、誰が流したか犯人探しをするよりは何を流したか特定することが大切です。家族が間違って流してしまった異物を確認することが必要です。どのようなものを流したか理解していれば業者に依頼するときでもスムーズに工事が進むでしょう。流した異物によっては、無理に続けて水を流すことでさらに状況を悪化させてしまうことがあります。本来トイレに流せる物質であれば、1度に流せるよう間違えない限りスムーズに利用できるはずです。それが利用できないときには、流せない物質をトイレに流したことになります。簡単に確認できない状況の場合には、直ちに業者に依頼をしましょう。

この症状はいつから?

トイレのつまりは、原因を究明することが必要ですがそのためには何時からトイレつまりの症状が出ているか把握しましょう。現在のトイレの便器の状態になっているきっかけはいつだったか把握することで、どのような行動をしたか理解できます。そしてその症状によってトイレの便器に問題があるのか、排水管にあるどこかの部分で問題が起きているのか判断することができるでしょう。

便器トイレつまりの症状に関して、前触れなく突然発生しているときには、排水管か便器か判断することができます。トイレを利用していて前触れなくトイレ詰まりが発生するときには、トイレの便器に問題が起きている可能性が高いでしょう。前触れのあるトイレつまりであれば、トイレを利用している的にいつもと違う違和感になります。流す時の異音や流れ方がいつもと異なるときには、排水管がトイレのつまり原因となります。状況によっては異物が詰まっていることも考えられます。この異物が詰まっている状況がトイレの便器か排水管か判断することができます。

トイレつまりの状況が自分では判断できないときには家族に確認をしてみましょう。前触れのあるトイレつまりか判断することができます。必ず判断できる材料を見つけてから原因を考えてみましょう。

トイレのつまりの原因

最近のトイレは進化しており清潔感が際立っています。コンパクトなトイレもあり、狭い場所でも快適に利用できます。公衆トイレも進化していますが、利用する人のマナーにより改善が必要な場所もあります。自宅で利用するトイレで問題になるのがトイレのつまりです。

異物などでトイレつまりになってしまうと簡単には解決できません。機能が進化していますがトイレつまりなどは、原因を解決する事が一番です。

原因日常生活で全ての人が利用するトイレはトラブルに対処することが難しいです。取り扱いを間違えると更に深刻化していきます。そこで、トイレつまりの原因別にどのような問題があるか理解しておく事も必要です。状況によっては簡単に解決できることもあります。トイレつまりの原因を把握する事でトイレがどのような状態になっているか理解できます。

原因を把握する事で、トイレの状態や解決するためにはどのようにすればよいか判断できます。この正しい判断をして利用者が解決できる原因なのか、解決できない原因か判断しましょう。判断により業者に連絡をして速やかに工事や修理をしてもらう事で快適なトイレ生活が戻ります。

トイレつまりについてどのような原因によるトラブルかは、詰まった原因により対処が違うので適切な対応をしましょう。原因を突き止めたら必要な処置をする事になります。次のページから、日常でトラブルとなるトイレつまりの原因や対応の仕方について説明させていただきます。