この症状はいつから?

トイレのつまりは、原因を究明することが必要ですがそのためには何時からトイレつまりの症状が出ているか把握しましょう。現在のトイレの便器の状態になっているきっかけはいつだったか把握することで、どのような行動をしたか理解できます。そしてその症状によってトイレの便器に問題があるのか、排水管にあるどこかの部分で問題が起きているのか判断することができるでしょう。

便器トイレつまりの症状に関して、前触れなく突然発生しているときには、排水管か便器か判断することができます。トイレを利用していて前触れなくトイレ詰まりが発生するときには、トイレの便器に問題が起きている可能性が高いでしょう。前触れのあるトイレつまりであれば、トイレを利用している的にいつもと違う違和感になります。流す時の異音や流れ方がいつもと異なるときには、排水管がトイレのつまり原因となります。状況によっては異物が詰まっていることも考えられます。この異物が詰まっている状況がトイレの便器か排水管か判断することができます。

トイレつまりの状況が自分では判断できないときには家族に確認をしてみましょう。前触れのあるトイレつまりか判断することができます。必ず判断できる材料を見つけてから原因を考えてみましょう。